羽ばたくポエム

今まで書き綴った鷹のポエムです(*⌒ヮ⌒*)ゞ

35年前のポエムから

自分の命



時の流れに 逆らいながら
思い出の中に 押し込めてしまうしかない
君の心が あまりにも分かり過ぎて
今は どうしょうも 出来ない ああー


短い命と 気付いた 自分
時の徒に 悟らされた 自分
君の出会ったのが 自分えの 忠告
もう どうしょうも出来ない 自分


時の流れに 乗って
思い出も 夢も 希望も
一緒に 時と共に 流れに乗って
君の前から 流れて 消えてしまう


逆らう事も 悟らされた事も
自分には どうしょうも出来ない
ただ 流れに 乗って 消えるしか